スポンサーサイト

【孤独力】アラフォー独身女性の一人暮らしは幸せなのか【おすすめ本3冊】

life
スポンサーリンク

 

こんにちは、にゃんまゆげです。

あなたは、アラフォー独身女性の一人暮らしですか?

私は、そうです。
この記事では、そのような方とお話しするイメージで書いていきます。

 

スポンサーリンク

アラフォー独身女性の一人暮らしは幸せなのか

 

結論:幸せです。
こんなことを有名な誰かが言ったとすると、政治家から批判されそうですね。笑

でもそんなことは気にしません。
今回も、素直に書いていきます。

この記事に目が止まって、読んでくださっているということは、
現状の自分に対して、何かモヤっとしていませんか?

私はモヤっとしている時期を超えて、今に至ります。

同年代の友人たちは、だいたい結婚して子供が一人や二人はいますね。
SNSでは幸せそうな写真が溢れています。
始めは、友人が幸せそうでよかったな、という気持ちで”いいね”していたのですが、
だんだん、眩しく見えてきて、”いいね”をする手がスローモーションになってきました。
「あゝ、私無理してるな…」と気づいてから、SNSをスパッとやめました。

世間一般的には、誰かと結婚して、子供を産んで、マイホームを建てて、という人生の方が大半のように思います。
CMには、幸せな家族をテーマにした映像が流れてきて、スーパーへ行くと、家族連れが多く、ニュース番組のコーナーの定番は、今日生まれた赤ちゃんだったりします。
世の中には自分を孤独に感じさせる要素だらけです。

 

私は、わからなくなると本屋へ行って、目次を見て読みたい本をみつけては購入。何冊も読みあさります。(今回は3冊ご紹介します。)

結論:そのままでいいんです。大丈夫、今を丁寧に生きて、愛しましょう。

タイトルの質問文に対しては、”幸せ”ということです。
どんな状況でも、幸せかどうかは、世間が決めることではありません。
“自分がどう感じるか”です。

例えば、女優さんでもアラフォーの独身一人暮らしの方はたくさんいらっしゃいます。
知らないだけで、他にも同じカテゴリーの人はたくさんいるのです。
その方たちが幸せかどうかは、世間がどうこういうものではありません。
やはりここでも”自分がどう感じるか”だと思います。

もう一度言います。
そのままでいいんです。大丈夫、今を丁寧に生きて、愛しましょう。

今を丁寧に生きる、とは

”些細なことを感じとる”ように意識してみてください。
自分だけが気づくことで、幸せなことはいっぱい溢れています。

私の好きな雑誌、”&Premium”を、コーヒーを飲みながらゆったり読むのもおすすめです。
知っている方も多いかもしれませんが、毎号暮らしに関する素敵なことで溢れていて、心が癒されます。”丁寧に生きる”ことを後押ししてくれるアイテムです。

例えば、私の場合
朝目覚めた時に、フワフワの羽毛布団に包まれている感覚を味わう。
羽毛布団の上で”プープー”鼻息をたてて寝ている愛犬を眺める。
愛犬が起きたら、無抵抗・されるがままにペロペロにまみれる。
愛猫を探して、もふもふしながら朝の挨拶を交わす。
全ての窓を開けて、外の自然(風、日光、鳥の声)を感じる。
トキとししまるのご飯を用意して、「ご飯だよ〜」というと嬉しそうに寄ってくる様子を堪能する。
キッチンの流しを綺麗にして、お気に入りのケトルで湯を沸かす。
お気に入りのトースターでパンを焼く。(良い焼き加減で。)
コーヒー豆を挽く。(家庭用の簡単な道具で。)
お気に入りのマグにコーヒーを丁寧に淹れる。(良い香りを楽しむ。)
トキとししまると一緒に朝食タイムを過ごす。

 

これが私の心を安定させる幸せ行動です。

 

自分の心に素直になって、心地良いお気に入りの行動を見つけてみてください。
すでにやっているという方も、お気に入りの新しいアイテムを見つけて手にしたら、また新しい幸せ行動が増えますよね。

 

愛しましょう、とは

今、あなたがどんな状況にあっても、あなたを愛してください。

どうしてか。
それは、今あなたがもし自分のことを愛していないのであれば、”世間一般のあるべき姿”に影響されているからです。

世間が少子化問題に警鐘をならし、親に孫を見せれていない罪悪感に苛まれたとしても。
今のあなたを素直に愛してください。

そうすれば、私の場合は、トキとししまるに、もっと愛情を注げて、一緒に豊かになれます。
一人でも、あなたの時間をもっと大切にできるようになり、豊かになれます。

なぜ、そのままでいいのか

それは、焦って行動しても、”焦って行動した結果”にしかならないからです。

私もそうですが、あなたにもいろいろな事情がありますよね。

自分で小さな決断を繰り返して、今があります。
きっと様々な事情があって、今がある。

私の場合は、最近気づいたことですが、今一人でいることは”自分が選んだこと”だったのです。

過去に、31歳で結婚したのですが、当時を振り返ると、とても焦っていました。
そして、”持続性気分変調症害”(うつ病)の持病があって、他人に対しての強い猜疑心(さいぎしん:疑う気持ち)がありました。*セロトニン(幸せホルモン):これを主に脳内に異常があって薬で治療しています。
なので、相手の家族(特に姑さん)や、相手の友人とうまく接することができなかったのです。
自分ではどうにもできない”嫉妬心”がとめどなく湧いてきます。

私の価値観は、”たった一人のパートナーと、2人だけで作っていく家族”というのが理想です。
友人には、「それはちょっと変わってると思うよ」と心配されるのですが…笑 価値観なので仕方ないです!

私はすごく努力して、普通の妻になりたくて頑張りましたが、結果:うつ状態(適応障害)になりました。
やっぱり、価値観が合わなかったのです。無理してもダメでした。自分も相手も、どちらも大切にできていない状態になってしまったんですね。

経験して、やっと気がついて、修正する。そんな体質です。
なので、結論、焦っても仕方ないので、今を丁寧に生きて、愛しましょう。ということです。

 

誤解があったらいけないのですが、将来の目標や夢は常に持っています。

どんなところで、どんな家で、どんな生活をしたいのか、少しづつ叶えていきたいです。
そしてこれからの人生で、”お互いにとって居心地のいい”パートナーを見つけたいです♡

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたの役に立てると嬉しいです。
あなたのこれからの人生が素晴らしい幸せに満ち溢れますように!

最後に2冊ご紹介します。タイトルで気になった方は、ぜひ目次を見て検討してみてください。
あなたにとって有益な本であれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました