スポンサーサイト

【非HSPに理解されにくい】HSPが自分を守るための対応法【セルフケアのコツ】

HSP
スポンサーリンク

こんにちは、にゃんまゆげです。

HSPさんは、これまでにHSPに関する書籍や、SNSでいろいろな情報を読んでこられたと思います。

それらの情報に触れて、

 

「これは非HSPさんが書いた内容だな」
「それは非HSPさんの視点で勝手に解釈してるよね」
「HSPの気質を変えようと促す内容にうんざり」

 

このような違和感を感じたことはありませんか?

 

私もHSPや精神に関する本をたくさん読んできましたが、

実は違和感を感じることは少なくありませんでした。

 

そこでこの記事では、「HSPにとって本当に有益だと思う情報」を元に、

【非HSPに理解されにくい】HSPが自分を守るための対応法

についてお話ししていきます。

 

ではさっそく、本文にまいります。

 

スポンサーリンク

自分の周りに境界線(バリアー)をイメージする

 

イライラしている人を見かけただけで、自分もイライラして心がざわつく。

悲しんでいる人を見て、励ますより、自分が同じ気持ちになってしまって落ち込んでしまう。

誰かから攻撃されたとき(例えばSNSで誹謗中傷を受けた)、スルーできなくて動揺してしまう。

 

相手の感情に左右されすぎてしまって、自分も引き込まれてしまった経験はありませんか?

 

「自分は自分、他人は他人」

「他人が何を言おうと、自分のことは自分で決める」

「相手のもの(感情など)は相手に返す」

これが”自分と相手に境界線を引く”ということです。

 

HSPは非HSPに比べて、共感力が高いため、相手の感情に左右されたときに、なかなか制御できなかったりします。

 

わかっているんだけど、スルーできない! どうすればいいの? と思いませんか…

私はまさにそう悩んできた1人です。

 

HSPは非HSPに比べて、ミラーニューロンの働きが活発であることがわかっています。

*脳の中には”ミラーニューロン”という、相手の行動を見ただけで、自分が相手と同じ行動を取ったかのように反応する神経細胞です。

 

【 セルフケアのコツ 】

✔︎   自分が受け止める余裕がないときは、マイナス感情の強い人と距離を置く
✔︎ 「人は人、自分は自分」「人は人、自分は自分」と何度も自分のなかで唱える
✔︎ 「バリアー」と心で唱えて、相手との間に、”境界線や壁”をイメージする
✔︎  攻撃に対しては「相手の怒りは相手のもの」「相手の怒りは自分ではなく他のどこかから来ている」と何度も言い聞かせ、スルーする。

そうやって、天に吹っ飛ばしましょう!
(HSPはイメージすることが上手なので、うまく活用!)

 

スポンサーリンク

プラス思考よりプラスの感情を大切にする

 

友人や、家族、職場の人から、

「気にしすぎだよ」
「そんなマイナス思考だったらダメだよ」
「もっとポジティブに考えなとさ」

などと言われて、違和感を感じたことはありませんか?

 

私は、元夫からいつも「そんなマイナス思考だからダメなんだ」「もっとポジティブに考えたらいいのに」
とずっと言われ続けてきました。

私は、周りの幸せそうな家族みたいに”いい妻”になりたくて

自分はなんてダメなんだ…と落ち込む日々を過ごしていた時期があります。

今となっては、自分を押し殺していたし、無理しすぎていた、ということがわかります。

 

悪気はなくても、非HSPさんの押しつけ的な言葉は、HSPにとっては違和感でしかありませんし、少しも相互理解にはつながりません。

 

HSPにとっては、不安や恐怖にとらわれて、「細かいことに気づく」「なんでも慎重に考える」という感覚が強く現れやすいのです。

無理にプラス思考になる必要はありません。

不安や恐れは消すのではなく、そこにある感情を認めることが大切です。

 

そして、HSPは、物事を冷静に、客観的に見ることが苦手です。

もし、「失敗してしまった」と気にやむことがあったら、自分から距離を置き、第三者の視点で見てみましょう。

実は、誰もが失敗する要因があったかもしれません。自分を責めないことです。

 

【 セルフケアのコツ 】

✔︎  一旦ネガティブなことは強制的に忘れます。そして、他に好きなことをして「プラスの感情」を引き出してみる。
✔︎ 「大丈夫」などの魔法の言葉を口に出して唱える
✔︎  自分を空から見るイメージで、第三者の視点で見て、「そうゆうこともあるか!」と思ってみる。

 

スポンサーリンク

非HSPには理解されないHSPの疲れやすさ

 

HSPはいつも「疲れやすい」状態にあります。

その理由は、”ストレスに対する耐性が強くないにもかかわらず、刺激を受け続け、気持ちを張り詰めながら暮らしている”からです。

 

精神科医の長沼先生はこう話しています。

HSPはおそらく体内にいる時から恐怖麻痺反射で体を固くし、感情感覚を麻痺させてきたために、下界の情報は鋭くキャッチできても、体の感覚には鈍いことがあります。
頑張りすぎて無理してしまう人が多いのはこのためです。結果として、倒れる程の状態になってはじめて、「自分は疲れていたんだ」と気づくのです。

HSPの中には身体の感覚も鋭く、痺れや痛み、めまい、吐き気、だるさ、こわばりを強く感じる人もいます。身体の外からも内からも感覚に責められて、とにかく疲れやすいのです。
引用:敏感すぎていきづらい人の明日から楽になれる本 【著】長沼睦雄(十勝むつみのクリニック院長・精神科医)

 

私は、この文面に救われました。

私の場合、身体の痛みや神経痛に関しては、漢方や薬で安定しています。

寝ている間の”食いしばり”は、マウスピースが気持ち悪くて続かず…顎の痛みは日常です。

ですが、原因不明、ではないことを知るだけで救われました。

 

HSPが常に抱えるこうした”疲れ”や”だるさ”は、非HSPには理解されていません。

非HSPに誤解されやすい点として注意していただきたいのが、HSPは「弱い人間」でも「怠け者」でもないということです。

 

【 セルフケアのコツ 】

✔︎  ひとりになれる時間や空間を確保して、定期的に身体を休める習慣を作る。
✔︎ 「まだ頑張れる」と思った時点でやめる。残業はせず、休憩時間や休日を作る
✔︎   疲労回復に役立つ食べ物や栄養素をとる

 

 

いかがでしたか?

この記事では、「HSPにとって本当に有益だと思う情報」を元に、

【非HSPに理解されにくい】HSPが自分を守るための対応法

についてお話ししてきました。

今回の参考書籍は、こちらです。

画像をクリックするとページが移行します。

 

HSPが心穏やかに、安心して生きられる世界になるよう願っています。

この記事が、読者さんのお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました