スポンサーサイト

【簡単なワーク】「劣等感」や「羨ましい」感情と向き合う思考法

mental
スポンサーリンク

こんにちは、にゃんまゆげです。

SNSの写真や、友人の近況が素敵で

なんだか気分が落ち込んだことはありませんか?

そんなときは、自分の感情に蓋をせず、しっかりと見つめてください。

ただ、静かに見つめます。

今回は、自分が抱いてしまった「劣等感」「羨ましい」感情とどう向き合えばいいか、

簡単なワークと共に、にゃんまゆげの視点でお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

ただ、今ある感情を静かに見つめる

SNSの写真や、友人の近況を見たり知ったとき

なぜか気持ちが落ち込んでしまった。

そんなときは、「どうして自分は今この感情になっているのか」を見つめていきます。

初めから順を追って、PCや携帯のメモに思うままに書き連ねていきます

誰に見せるものでもありませんので、句読点など気にせずどんどん、感情のままに文字を書き連ねていきます

まず初めに、「素直にどんなことを思ったか」からはじめます。

誰にも見せないので、どんな言葉でも大丈夫。素直に書くのがポイントです。

では「なぜそのことを思ったのか」と続けていきます。

たとえば「自分のやりたかったことで成功している姿だったから」だとします。

では「なぜ自分はそうなっていないのか」を考えてみます。

そうすると、「”そうなっていない自分”は自分が決断して進んできた結果」でもあります。

なのに、気持ちが落ち込んでしまうのは、「劣等感」「羨ましい」感情があるのです。

 

スポンサーリンク

自分はどうなりたいのか、を見つめる

SNSや友人とは”違う自分”であることは、”自分の価値観が違っていた”ことを気づかせてくれます。

とはいえ、「劣等感」「羨ましい」感情があるのは、どういうことだろう。

それは、「今の自分に満足していない」から抱かれた感情ではないでしょうか。

では、あらためて「自分はどうなりたいのか」をイメージしていきます。

きっと”あなたの価値観”はSNSや友人と全く同じではないことに気づきます。

「あなたの価値観で、どうなりたいのか」をイメージしてみます。

するとすらすらイメージを書き連ねることができます。

具体的に、「羨ましい」と感じたものについても

たとえば、服装持っているものアクセサリーだったり、

ジャンルや、や、世界観、とにかく感情が動いたものは何だったかを思い出しながら書いていきます。

 

スポンサーリンク

自分にはできない、は一旦考えない

こんなふうに書き連ねても、「自分にはできない」の闇が襲います。

でもそれは、一旦置いておくのです。

できるかできないかは、やってみないとわかりません。

書き連ねていけば、やらずにはいられなくなるはずです。

自分がまだ達成していない、なりたい自分が見えているのですから。

「劣等感」「羨ましい」感情は、決して悪者ではないのです。

あなたをもっと好きなあなたに導いてくれるお知らせなのです。

 

スポンサーリンク

思考の置き換えで、素敵な発見

友人のSNSに”ドライフラワー”がとても素敵に飾ってありました。

どうみても自分は「素敵だな」という感情になっています。

でも「羨ましい」の感情が同時に生まれて気分が落ち込みました。

なぜなんだろう。

それは、わたしの中でドライフラワーは”死んだ花”という負のイメージがありました。

だから「素敵」と心が反応しても、”死んだ花”の負のイメージが拭えずに避けてきました。

ですが友人の結婚式で素敵なドライフラワーがふんだんに使われていたのを見て

「思考の置き換え」が起こりました。

生きた装飾のドライフラワー=普遍的で素敵なもの

その瞬間、とても心が納得して感動しました。

 

スポンサーリンク

大切にしたいことに優先順位をつける

「劣等感」「羨ましい」感情が前に出ているときは

”あれもこれもできていない自分”と考えてしまいがちです。

せっかく先ほどのワークで書き連ねてきて、「自分の価値観でなりたい自分」が見えてきたのですから

今日はそれだけで充分、大丈夫なのです。

次は、「大切にしたいこと」をリストアップしていきます。

いくつかかけたら、大切なことに優先順位をつけてみてください。

そして一番大切にしたいことがまだできていなければ、

明日からは”1番大切にしたいこと”を大切にできるよう少しずつでも変化していきましょう。

また、1番ができていれば、2番目、3番目にあげたことを一つずつ実現に向けて思考していくといいですね。

一気に叶えるのは不可能な場合がほとんどです。

少しずつでも変化していけば、なりたい自分に向けて行動していることに自信がつきます。

そして、「劣等感」「羨ましい」感情も気づいたらどこかへいってしまっているはずです。

なぜなら、「なりたい自分」に向かっているあなたは心も充実してくるからです。

「劣等感」で萎縮してしまった心を、じゅわーっと満たしていくイメージです。

あなたの心は、もっとのびのび広がっていていいのです。

何も変わってないように感じるかもしれませんが、

必ず変わっているのです。

この記事を読んでくださったあなたは、

読む前と少し心が違っているはずです。

このワーク、是非やってみてくださいね。

あなたの「劣等感」「羨ましい」感情は、

あなたをもっと好きなあなたに導いてくれるお知らせなのです。

どうかあなたの心がじゅわーっと満たされますように。

 

ここでちょっと宣伝させてください⭐︎

わたしは毎日の心が整う習慣として、”洗顔”をおこなっています。

お化粧しない日がほとんどですが、クレンジングバームを使います。

掌にとって、手の温度と顔の温度で、じんわり溶けて馴染んできます。

そして、おでこ、輪郭、ほっぺ、鼻周り(特にじっくり)

そして、あご下から、耳までくるくる、老廃物を流します。

ゆっくりじんわり、優しくマッサージするのが日課で、とても気持ちいいです。

20代はエステの洗顔を使っていたのですが、もっと手頃でいいものはないかと探したところ、

DUO をみつけました。もう何年もずっと、朝ー晩、愛用しています。

毛穴の黒ずみもだんだんなくなってくるし、洗い上がりがとてもすっきりもっちり心地いいのです。

よかったら使ってみてください♪

同時に読みたい参考記事

【もう嫉妬に動揺しない】誰にでもできる心が穏やかになる思考法
嫉妬なんてしたくないと自分では思っているのに殺意に近いような「あいつ嫌い。めちゃくちゃになればいいのに」という衝動が抑えられない。または人からの嫉妬が飛んできているかもしれません。嫉妬の発作を起こしているときは別人格に変身してしまい「自分の思考がコントロールできない」状態に陥ってしまうのです。素敵な思考法をお話しします。
【おすすめ】憧れの人を見つけると心が安定して前を向ける話
この記事では、 心が安定する 自己肯定感が上がる 人生が豊かに感じる このような効果を与えてくれる存在、”憧れの人”を見つけて、 人生に自信を持って日々行動することで、 いづれ大きな豊かさを手に入れられる このように信じている私がおすすめしたいことについてお話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました