【必読】10のやめてみてよかったこと

HSP
スポンサーリンク

こんにちは、にゃんまゆげです。

私がやめてみてよかったことをご紹介します。
HSPの方、または今何か悩んでいる方にとって、有益な内容です。

スポンサーリンク

SNS

毎日チェックしないと、おいてけぼりな気分になってしまいがちなSNS。でも何気なく開いた時に、興味のない写真や、こころのどこかで見たくなかった写真が飛び込んできます。日ごろ連絡をとらない友人の近況を見る、いいねすることで、繋がっている安心感が得られる感じがしてやめられない。あなたはどうでしょうか?
私は何気なく日課になっていたSNSが、実は本当に自分がしたいことではないと気づきました。
そして、当時の夫は一緒に過ごしている時も、食事中も、いつもSNSばかり気にしていて本当に嫌でしたね。笑

必要ない情報が、自分の時間も、知らす知らずに相手の時間も奪ってしまっていたんです。

3年前に、キッパリと全てやめました。LINEは必要な人とのみ、すると決めました。
そうすると、すごくスッキリしました。自分の時間も無駄にしないし、余計な心配や、必要ない情報に感情がみだされることもないのです。
今はtwitterのみ、新しいアカウントではじめました。すきな人、見たい言葉のみが表示されるように、社交辞令ではフォローせず、見たくないツイートにはミュートしています。

 

スポンサーリンク

目覚まし時計

これは職場に勤めていると難しいですね。私は職場勤めをやめて、毎日自由に暮らしているので、自分の時間は自分で決められるようになりました。
朝、二度寝したらすごく気持ちよかった経験はありませんか? 人にはリズムがありますので、身体のリズムに素直になるととても気持ちの良いものです。

私の最近のお気に入りは、自然に目が覚めた後に、スマホのアプリで”森の音”を聞いています。鳥のさえずり、風邪の音、起きる準備にぴったりです。ちなみに私は超ロングスリーパーです。10時間〜13時間は寝ています。

 

スポンサーリンク

気がすすまない集まりへの参加

例えば久しぶりに学校時代の同級生15人が集まります、みんなどうしてるかな。とワクワクする時はぜひ参加してください。ですが、なんだか心のどこかで気がすすまないと思うなら、キッパリ行かない方がいいです。感情がみだされる飲み会は行かないと決めて、本当に会いたい人だけに会いませんか?
私は付き合いが悪いとかは気にしません。心・感情の安定はとても大切だとわかったからです。

スポンサーリンク

やりたくない時に無理する

例えば家事ですね、ほとんどの人が必ずしなければならないことですが、やりたくない時はやらなくていいんです。
特に真面目なタイプだと、身体がしんどくてもやろうとして、心のバランスも疲労も溜まるということになります。私は特に洗い物が苦手なんですが、お気に入りの食器のみ使う、食器の数を減らす、朝にする。と決めて無理なくできるようになりました。自分にとって無理のない心地いいルールを探って見るのもいいですね。

スポンサーリンク

しんどい時に頑張る

これは仕事に対してもそうですが、自分の時間を過ごす中でもしんどい時に頑張ることをやめる、というのをぜひ実践してほしいです。
会社勤めだと拘束時間が長いですよね、とてもじゃないけどずっと全力疾走は身体がもちません。人それぞれ、あなたにも身体のリズム・波がありますので、まずはそこに意識しながら過ごしてみてください。集中したいことは調子の良い時間帯にする、メールチェック・返信は、時間を決めて余力タイムに行うと良いですね。そして、自分の時間を過ごす人も、同じように身体のリズム・波を意識しながら過ごしてみる。私の場合は、午前中が調子良く集中できるので、この時間にブログを書くようにしています。次に勉強して、余力があれば読書します。

 

スポンサーリンク

他人の目を気にする

あなたは他人からどう思われているか、気になりますか?

私は元々全くと言って良いいほど気にしないタイプでした。なので、元夫が他人の目・世間体をかなり気にするタイプだったことで、そういうタイプの人がいると知りました。他人の目・世間体を気にすること(思考の優先順位が高い)で、いろいろな制約がかかります。例えば、大切な人の本音も、その理性がかかって受け止められていない。親や誰かから言われたことが気になって、自分の本当にやりたいことができない、自分にとって大切な決断ができない。ということに繋がっていると気づいたのです。人は小さな決断を繰り返し、今があります。全て自分の決断によってあなた自身を積み上げていくのです。

スポンサーリンク

すきではない人に気を遣って会話する

私の場合は、同僚・上司に対して気を遣いすぎて、必要のないエネルギーを消耗していることに気付きました。挨拶は大切ですが、すきではない人との普段の会話は、ある程度の相槌で良いと思います。一つ体験談ですが、5年前にオリジナルの犬服を制作・販売をしていた時のことです。販促は全てinstagramで行っていて、2000人のフォロワー・100件以上の顧客がいました。あるフォロワーさんから、「家の前の公園にいるのですが、会えませんか?」とDMがきたのです。以前に何度かコメント欄でたわいもない会話をしたので、好意で来られたのだと思いますが、家の前に突然来られてかなり恐怖でした。笑 私は自分のペースが乱れたり予期せぬ出来事が苦手です。相手の時間を奪う行為も苦手です。人と接して”なんだか良い気持ちがしない”時は、距離をとるのが大切です。

 

スポンサーリンク

嫌なことも断れない

文字にしてみると、そんなの当たり前!と言われそうですが、できなくて苦しんだ経験のある人は多いと思うのです。これは、自分の心の中で”嫌だと感じたらキッパリ断る”と決めておかないと、なかなか優しい人は実践できないかもしれません。でも、とても大事なことです。例えば私は、前の職場で、なんとなく嫌な感じがする取引先のおじさんの話です。その方はよく手作りケーキをホールで差し入れしてくれるのですが、苦手でした。笑 1度目は、頼まれたので私が包丁で切って、みんなの分を取り分けて、自宅で食べました。また2度目も取り分けを頼まれたときは、断りました。苦手なおじさんがお孫さんと手作りしたケーキを切って取り分けることも、いただく事も断りました。ひどいですか?笑 一部の同僚からは嫌な視線と言葉が飛んできましたが、スルーします。人によっていろんな感覚や価値観があります。自分が感じて嫌なことを、相手の価値観に合わせて無理することはないのです。

スポンサーリンク

誰かと暮らすこと

これは極端なことかもしれません。笑 私は本当にすきな人でないと一緒に暮らすのはしんどいです。たとえ親でも、離れて暮らす方がお互いにとって良い場合もあります。私は体調の波がかなり激しいです。朝起きて、今日はしんどい、大丈夫かが大体わかるのですが、誰かがいると、しんどいときにしっかり休めないのです。私の母は私の辛さを同じように感じるタイプの人で、心配というよりイライラされることが多かったので、お互いにしんどかったです。元夫は私と全く正反対の性格の人なので、私がしんどくて寝ていたり、熱がある時もわずらわしそうでした。言葉では心配してくれていましたが、本心は理解できないことに苦しんでいたようです。なので、現在は愛する犬と猫と、3匹暮らしです。私にとって、”トキ”と”ししまる”をはじめ、動物は純粋で素直で、正直です。生きることに疑いなく真っ直ぐだと思うのです。だから大好きで、今はこの生活が心地いいです。ずっと話かけている事もあって、2匹はとてもおしゃべりです。笑

スポンサーリンク

雇われること

最後に、誰かに雇われるのはもう嫌だ!と気付きました。雇われの人生だと、どんなに頑張っても時給や給料が跳ね上がることはないです。拘束時間も長く、自分のペースも、感情も整える時間がないのです。すきではない人とも毎日会わなければなりません。毎日疲れ果てて、勉強や読書をする暇もないです。感情的なパワハラ上司に、自己肯定感をズタズタにされることにも耐えなければなりません。
なんのために生きるのか、これをテーマにした書籍はたくさんあって、私も何冊も読みました。結論、”生きる意味なんてない”のです。ただこの世に生まれたから、死ぬまで生きるしかない。ここで冷静に自分のこれまでの人生を振り返ってみてください。もっと自分の人生を生きてもいいのではないでしょうか? 毎日の行動が会社に搾取される人生より、毎日の行動が全て未来の自分となる、積み上げる人生の方がいいと思うのです。なので、私はMacBook1つでどこでも仕事ができる人生にしたい!と一念発起して勉強中です。新しいことを始めるのに遅いなんてありません。小さな決断があなたの人生を作っていきます。ぜひ積み上げる人生をお勧めしたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました